千葉県千葉市若葉区源町周辺の放射線量測るねレポート

by tokumei 2013/10/13  

六方調整池の草地広場と遊歩道の境付近です。
草地広場に生える杉の木の側を地表(手持ち)高さ1mで測ってみました。
※2013年10月13日時点の航空写真でマーカーを打っています。

Googleマップで開く

計測値を投稿する

現在「測るねレポート」は、計測地点を登録した本人のみ投稿が可能です。

測定者が異なる値の投稿は新たに測るねレポートとしてご登録ください。

(登録者の投稿値がマップに表示されない現象を調整するための暫定仕様です)

仕様等へのご意見やご要望はfacebookページへお寄せ下さい。

計測履歴

計測値(μSv/h) 計測日時 計測メンバー 計測機器/計測場所
コメント、有難うメッセージ
0.084μSv/h 2017年11月5日12時 tokumei クリアパルス A2700
屋外(芝生、植込み) 地表 1m

tokumei: 天候:晴れ(前日の降雨により水溜まりも在る位に湿潤)
計測値は60秒間のアイドリング終了後から、13回分の測定値を平均した物です。
四捨五入前の平均は0.083692307
測定値内訳
お手数おかけしますが、測定時の動画をご参照下さい。
簡易測定器(文部科学省の教材はかるくん)による大地から受ける自然放射線の全国平均(原発事故以前1990~1998年迄の日本国内)は0.04μSv/h辺りだったのだそうですが、コレのおおよそ【2.09倍】位になるのでしょうか…?
前回の測定時(2013年10月降雨後)に比べると、約82%放射線量が低下しています。
測定時期としては、前回はCs-134(半減期が約2.1年とされるセシウム)が1度目の半減期を過ぎてから半年程度後で、今回は3度目の半減期を過ぎた後。
乾燥時には多少放射線量が上がるかも知れません。
ページをスクロールすると、下部に過去の測定値が記載されています。 (11月5日12時)

>計測動画

0.464μSv/h 2013年10月31日7時 tokumei クリアパルス A2700
屋外(芝生、植込み) 地表 1m

tokumei: 天候:晴れ
10月12日に測定した辺りを再度手持ち高さ1mで測ってみました。
計測値は60秒間のアイドリング終了後から13回分の測定値を平均した物です。
四捨五入前は0.463923076
測定最中の最小値と最大値0.441~0.478
測定値の振れ幅+側0.014、-側0.023
測定値内訳
測定時の動画をご参照下さいませ。
屋外地表(手持ち)高さ1mの比較材料»http://...の0.020μSv/hに比べておおよそ【23.2倍】の放射線量率です。
環境省のHPに記載されている、【年間被曝線量の算出について】に在る【大地から受ける自然放射線量率の全国平均(原発事故以前)】は0.04μSv/hだそうですので、コレのおおよそ【11.5倍】位でしょうか…?
こちらは2012年8月に【子どもを放射能からまもる会in千葉】様が詳細な放射線量率調査»http://...を行われています。
コレは除染基準超えてると思うのですが…?(´д`;)
台風26号と27号の影響か、前回測定時にはパサパサに乾いていた遊歩道の滞積泥も、湿り気タップリで、少し線量が減衰するかと思いきや…。(´д`;) (10月31日7時)

>計測動画

0.48μSv/h 2013年10月31日7時 tokumei RADEX RD1503
屋外(芝生、植込み) 地表 1m

tokumei: 天候:晴れ
10月12日に測定した辺りを再度測定してみました。
計測値は電源ON後に四周期の測定が確定するまでを1回(途中で2回再計測に切り替わり)です。
測定最中の最小値と最大値0.32~0.53
測定値の振れ幅+側0.05、-側0.12
測定時の様子は動画をご参照下さいませ。
屋外地表高さ1mの比較材料»http://...の0.020μSv/hに比べておおよそ【24倍】の放射線量率です。
測定器が違うので比較して良いもんかどうか…ですが、一応比較して置きます。
環境省のHPに記載されている、【年間被曝線量の算出について】に在る【大地から受ける自然放射線量率の全国平均(原発事故以前)】は0.04μSv/hだそうですので、コレに比べておおよそ【12倍】でしょうか…?
台風26号と27号の影響か、12日にはパサパサに乾いていた遊歩道の滞積泥も湿り気タップリで、少し線量が減衰するかと思いきや…。
RADEX RD1503でも補正だの何だのせずに充分に測れるだけの放射線量率の場所と言う事で…。
β線遮蔽用に2㎜厚アルミプレートを装備状態にて。 (10月31日7時)

>計測動画

0.495μSv/h 2013年10月12日12時 tokumei クリアパルス A2700
屋外(芝生、植込み) 地表 1m

tokumei: 天候:晴れ
計測値は60秒間のアイドリング終了後から13回分の測定値を平均した物です。
四捨五入前は0.494615384
測定最中の最小値と最大値0.483~0.522
測定値の振れ幅+側0.027、-側0.012
測定値内訳
測定時の動画をご参照下さいませ。
屋外地表(手持ち)高さ1mの比較材料»http://...の0.020μSv/hに比べておおよそ【24.73倍】の放射線量率です。
環境省のHPに記載されている、【年間被曝線量の算出について】に在る【大地から受ける自然放射線量率の全国平均(原発事故以前)】は0.04μSv/hだそうですが、コレのおおよそ【12.25倍】位でしょうか…?
こちらは【子どもを放射能からまもる会in千葉】様が2012年8月にHSF(ホットスポットファインダー)を使用しての詳細な放射線量調査»http://...を行われています。
続きはコメント欄↓にて。 (10月12日12時)

tokumei: まもる会様が以前問い合わせたところ、所管する【千葉市下水道維持課】では「特別な対処は行わない」と返事が来たそうです。
年間1ミリシーベルトを毎時に直すと0.23μSv/h(マイクロシーベルト/毎時)になるそうですが、コレのおおよそ【2倍】を超える放射線量率の場所が在るみたいですが…?(´д`;)
お近くで放射線量率測定器をお持ちの方がいらっしゃいましたら、再計測のご協力を御願い出来ませんでしょうか…? (10月13日21時)

tokumei: コチラ(六方調整池)の測定時には、測定最中に複数名の人が遊歩道を訪れていましたが…。
小学生位の子どもが遊んでいたり、ご近所の方?がジョギングや散歩をされていたりと、人の出入りは有る様でしたけど…?
0.495μSv/h…いくら簡易測定器で素人の測定とは言え、コレは環境省の除染基準0.23μSv/hを超えているのでは…?(´д`;) (10月13日22時)

tokumei: 全ての場所で0.23μSv/hを超える訳では無いですけども、部分的にでもそれだけ放射能汚染されていると言う事ではないでしょうか…? (10月13日22時)

>計測動画

この計測地点へのコメント

最新計測値

0.084μSv/h

計測日:2017年11月5日12時

計測機器:クリアパルス A2700

計測場所:屋外(芝生、植込み) 地表 1m

天候:晴れ(前日の降雨により水溜まりも在る位に湿潤)
計測値は60秒間のアイドリング終了後から、13回分の測定値を平均した物です。
四捨五入前の平均は0.083692307
測定値内訳
お手数おかけしますが、測定時の動画をご参照下さい。
簡易測定器(文部科学省の教材はかるくん)による大地から受ける自然放射線の全国平均(原発事故以前1990~1998年迄の日本国内)は0.04μSv/h辺りだったのだそうですが、コレのおおよそ【2.09倍】位になるのでしょうか…?
前回の測定時(2013年10月降雨後)に比べると、約82%放射線量が低下しています。
測定時期としては、前回はCs-134(半減期が約2.1年とされるセシウム)が1度目の半減期を過ぎてから半年程度後で、今回は3度目の半減期を過ぎた後。
乾燥時には多少放射線量が上がるかも知れません。
ページをスクロールすると、下部に過去の測定値が記載されています。

by tokumei

過去の計測履歴を見る

※この値は簡易放射線測定器による計測値です。
公的機関による測定値ではありません。

近隣計測スポット

千葉県千葉市若葉区源町(0m)

0.657μSv/h(2013年10月12日12時)

千葉県千葉市若葉区源町(13m)

0.231μSv/h(2013年10月31日8時)

千葉県千葉市若葉区源町(31m)

0.418μSv/h(2013年10月31日8時)

千葉県千葉市若葉区源町(46m)

0.575μSv/h(2013年10月12日12時)

千葉県千葉市若葉区源町(46m)

0.125μSv/h(2017年11月5日12時)

※この値は簡易放射線測定器による計測値です。
公的機関による測定値ではありません。

ページトップ