千葉県千葉市中央区仁戸名町周辺の放射線量測ってリクエスト

by kaneko 2012/09/19  

よく利用するコンビニです。ここ近辺は徒歩での生活圏内なので側溝など高値なのかな・・・と日々気になっていました。どうぞよろしくお願いいたします。

Googleマップで開く

計測値を投稿する

計測日時 時頃

計測器

計測値 μSv/h  (確認:>0.5μSv/h以上)

※一部のガイガーカウンターは地表面測定時にβ線を感知して数値が高めにでることがあります。β線遮蔽板がある場合は遮蔽計測をお願いします。

計測場所   階層   測定位置  

画像

Youtube URL

コメントにはログインが必要です

計測履歴

計測値(μSv/h) 計測日時 計測メンバー 計測機器/計測場所
コメント、有難うメッセージ
0.053μSv/h 2015年10月26日11時 tokumei クリアパルス A2700
屋外(アスファルト) 地表 1m

tokumei: 天候:晴れ
申し訳ありませんが、今回は大網街道沿いの歩道のみです。
計測値は60秒間のアイドリング終了後から13回分の測定値を平均した物(前回と同様)です。
測定値内訳
0.046
0.046
0.049
0.054
0.062
0.060
0.058
0.059
0.061
0.054
0.044
0.047
0.049
簡易測定器(はかるくん)による大地から受ける自然放射線の全国平均(原発事故以前の日本国内)は0.04μSv/h辺りだったのだそうですが、コレのおおよそ【1.33倍】位になるのでしょうか…?
原発事故から4年半以上が経過して134Cs(半減期が約2年のセシウム)からの放射線量が減り、放射線量は2012年頃に比べて約35%減衰している(大体35~40%下がってる場所が多い)様です。
側溝等の堆積泥も新たに増減が無ければ同様なのではないかと思います。
少し南側の道路»http://...も放射線量だけを視れば0.041μSv/hと原発事故以前の水準に近くなって来ていると思います。
土壌その物は、測ればまだ134Csが検出されています。 (10月26日11時)

0.082μSv/h 2012年10月6日14時 tokumei クリアパルス A2700
屋外(アスファルト) 地表 1m

tokumei: 天候:曇り時々晴れ
計測値は全て60秒間のアイドリングを含む180秒間測定した平均です。
・コンビニ敷地内の側溝蓋(格子状の網目)上
 地表面直置きで0.085μSv/h
 最小値と最大値は~0.079~0.097
・コンビニ敷地内に在る変圧器?横の堆積泥上
 地表高さ5㎝で0.232μSv/h
 最小値と最大値は0.226~0.236
・コンビニ敷地外の側溝蓋(排水穴)上
 地表面直置きで0.1μSv/h
 最小値と最大値は0.092~0.107
 屋外地表高さ5㎝の比較材料➔»http://...の0.034μSv/h
恐らくリクエスト時にマーカーがズレてしまったのだと思われますので、こちらのマーカーの計測値としては、大網街道沿いの歩道の放射線量をレポートさせていただきます。m(_ _;)m
四捨五入前は0.082076923
測定最中の最小値と最大値は0.076~0.086
測定値の振れ幅+側0.004、-側0.006
測定値内訳
0.076
0.082
0.081
0.081
0.083
0.084
0.085
0.082
0.082
0.083
0.086
0.082
0.080
※画像は測定終了後に撮影したもので、測定器の性質(10秒毎に過去60秒間の放射線量を表示)上、数値が計測値とは異なります。
屋外地表高さ1mの比較材料➔»http://...の0.021μSv/hに比べておよそ【3.91倍】の放射線量です。 (10月6日14時)

kaneko: 測定していただきありがとうございました。マーカーのずれ、申し訳ありません!歩道を計測していただけてよかったです。レポート参考にさせていただきます。 (10月9日9時)

tokumei: 私もマーカーを打つ時に良く失敗するので、もしや‥と思いまして‥。(^_^;)
マーカーをとりあえずで打ってから、微調整のために地図の縮尺を変えたりすると、マーカーが飛ばされてしまうようです。(^_^;)
道路脇に堆積した泥等は放射性物質を含んでいますので、マスク無しで堆積泥には近寄らない方が良いと思います。 (10月9日17時)

kaneko: そうだったのですね、以後マーカー時に留意しておきます・・・。 
堆積した泥の部分の数値は、他と比べて大きく差がありますね。数値を見て、警戒する気持ちを新たにしました。注意します!  (10月9日18時)

この計測地点へのコメント

最新計測値

0.053μSv/h

計測日:2015年10月26日11時

計測機器:クリアパルス A2700

計測場所:屋外(アスファルト) 地表 1m

天候:晴れ
申し訳ありませんが、今回は大網街道沿いの歩道のみです。
計測値は60秒間のアイドリング終了後から13回分の測定値を平均した物(前回と同様)です。
測定値内訳
0.046
0.046
0.049
0.054
0.062
0.060
0.058
0.059
0.061
0.054
0.044
0.047
0.049
簡易測定器(はかるくん)による大地から受ける自然放射線の全国平均(原発事故以前の日本国内)は0.04μSv/h辺りだったのだそうですが、コレのおおよそ【1.33倍】位になるのでしょうか…?
原発事故から4年半以上が経過して134Cs(半減期が約2年のセシウム)からの放射線量が減り、放射線量は2012年頃に比べて約35%減衰している(大体35~40%下がってる場所が多い)様です。
側溝等の堆積泥も新たに増減が無ければ同様なのではないかと思います。
少し南側の道路»http://...も放射線量だけを視れば0.041μSv/hと原発事故以前の水準に近くなって来ていると思います。
土壌その物は、測ればまだ134Csが検出されています。

by tokumei

過去の計測履歴を見る

※この値は簡易放射線測定器による計測値です。
公的機関による測定値ではありません。

近隣計測スポット

千葉県千葉市中央区仁戸名町(33m)

0.232μSv/h(2012年10月6日15時)

千葉県千葉市中央区仁戸名町(35m)

0.085μSv/h(2012年10月6日15時)

千葉県千葉市中央区仁戸名町(37m)

0.1μSv/h(2012年10月6日14時)

千葉県千葉市中央区仁戸名町(115m)

0.041μSv/h(2015年10月26日11時)

※この値は簡易放射線測定器による計測値です。
公的機関による測定値ではありません。

ページトップ