千葉県市原市五井中央西2丁目周辺の放射線量測ってリクエスト

by tokumei 2012/05/31  

JR五井駅西口側のロータリーです。
地表高さ1mで測定お願いいたします。
※2012年5月31日時点の航空写真でマーカーを打っています。

Googleマップで開く

計測値を投稿する

計測日時 時頃

計測器

計測値 μSv/h  (確認:>0.5μSv/h以上)

※一部のガイガーカウンターは地表面測定時にβ線を感知して数値が高めにでることがあります。β線遮蔽板がある場合は遮蔽計測をお願いします。

計測場所   階層   測定位置  

画像

Youtube URL

コメントにはログインが必要です

計測履歴

計測値(μSv/h) 計測日時 計測メンバー 計測機器/計測場所
コメント、有難うメッセージ
0.041μSv/h 2017年4月12日5時 tokumei クリアパルス A2700
屋外 地表 1m

tokumei: 天候:晴れ(路面半乾き)
石畳(コンクリートブロック)の歩道上です。
計測値は60秒間のアイドリング終了後から、13回分の測定値を平均した物です。
測定値内訳
0.047
0.041
0.041
0.041
0.039
0.035
0.036
0.042
0.043
0.041
0.041
0.046
0.043
簡易測定器(文部科学省の教材はかるくん)による大地から受ける自然放射線の全国平均(原発事故以前1990~1998年迄の日本国内)は0.04μSv/h辺りだったのだそうですが、コレのおおよそ【1.03倍】とほぼ同じ位になるのでしょうか…?
前回の測定時(2012年5月)に比べると、約19%放射線量が低下しています。
前回はCs-134(半減期が約2年1ヶ月とされるセシウム)が1度目の半減期を過ぎる前で、今回は2度目の半減期を過ぎて3度目を迎える手前辺り。
原発事故後に放射線量が報道される際には、ここから程近い場所に在るモニタリングポストの値が使用されていましたが、その当時よりも(場所によっては)低くなっています。
ページをスクロールすると、下部に過去の測定値が記載されています。 (4月12日5時)

0.051μSv/h 2012年5月30日12時 tokumei クリアパルス A2700
屋外 地表 1m

tokumei: 天候:曇り時々晴れ
リクエストマーカー辺りで測りました。
計測値は60秒間のアイドリングを含む180秒間測定した平均です。
測定最中の最小値と最大値は0.046~0.056
測定値の振れ幅+側0.005、-側0.005
測定値内訳
0.047
0.046
0.049
0.051
0.047
0.047
0.053
0.053
0.053
0.053
0.056
0.055
0.051
※画像は測定終了後に撮影したもので、測定器の性質(10秒毎に過去60秒間の平均を表示)上、数値が計測値とは異なります。
私がこの測定器で2012年5月30日迄に屋外地表高さ1mを測った中では»http://...の0.044μSv/hが最も低く、こちらに比べておよそ【1.16倍】の放射線量です。
上記リンク先の放射線量は、環境省の【年間被曝線量の算出について】の計算式に記載された【大地からの自然放射線量率0.04μSv/h(全国の平均的な値)】に近い値を示していますが、環境省のこちらの数値に比べるとおよそ【1.27倍】の放射線量になります。
放射能汚染がかなり少ない方だと思われますが、場所によっては放射性物質が溜まっている場所も在るかも知れませんので、外出の際には放射性物質を体内に取り込むのを防ぐ予防策として、花粉用マスク等をされた方が良いのではないかと思われます。 (5月30日12時)

この計測地点へのコメント

最新計測値

0.041μSv/h

計測日:2017年4月12日5時

計測機器:クリアパルス A2700

計測場所:屋外 地表 1m

天候:晴れ(路面半乾き)
石畳(コンクリートブロック)の歩道上です。
計測値は60秒間のアイドリング終了後から、13回分の測定値を平均した物です。
測定値内訳
0.047
0.041
0.041
0.041
0.039
0.035
0.036
0.042
0.043
0.041
0.041
0.046
0.043
簡易測定器(文部科学省の教材はかるくん)による大地から受ける自然放射線の全国平均(原発事故以前1990~1998年迄の日本国内)は0.04μSv/h辺りだったのだそうですが、コレのおおよそ【1.03倍】とほぼ同じ位になるのでしょうか…?
前回の測定時(2012年5月)に比べると、約19%放射線量が低下しています。
前回はCs-134(半減期が約2年1ヶ月とされるセシウム)が1度目の半減期を過ぎる前で、今回は2度目の半減期を過ぎて3度目を迎える手前辺り。
原発事故後に放射線量が報道される際には、ここから程近い場所に在るモニタリングポストの値が使用されていましたが、その当時よりも(場所によっては)低くなっています。
ページをスクロールすると、下部に過去の測定値が記載されています。

by tokumei

過去の計測履歴を見る

※この値は簡易放射線測定器による計測値です。
公的機関による測定値ではありません。

近隣計測スポット

千葉県市原市五井中央西1丁目(52m)

0.043μSv/h(2012年11月3日10時)

千葉県市原市五井中央西1丁目(98m)

0.08μSv/h(2011年11月17日11時)

千葉県市原市五井中央西1丁目14(173m)

0.047μSv/h(2017年4月12日5時)

千葉県市原市五井中央西2丁目6(187m)

0.039μSv/h(2017年4月12日5時)

千葉県市原市五井(691m)

0.09μSv/h(2011年10月26日14時)

※この値は簡易放射線測定器による計測値です。
公的機関による測定値ではありません。

ページトップ