東京都中央区日本橋人形町2丁目18-4周辺の放射線量測ってリクエスト

by lenny 2012/04/09  

観光客の多い甘酒横丁の近くです。よろしくお願いします。

Googleマップで開く

計測値を投稿する

計測日時 時頃

計測器

計測値 μSv/h  (確認:>0.5μSv/h以上)

※一部のガイガーカウンターは地表面測定時にβ線を感知して数値が高めにでることがあります。β線遮蔽板がある場合は遮蔽計測をお願いします。

計測場所   階層   測定位置  

画像

Youtube URL

コメントにはログインが必要です

計測履歴

計測値(μSv/h) 計測日時 計測メンバー 計測機器/計測場所
コメント、有難うメッセージ
0.065μSv/h 2017年5月23日14時 tokumei クリアパルス A2700
屋外(アスファルト) 地表 1m

tokumei: 天候:晴れ
測定場所は前回とほぼ同じ位置です。
計測値は60秒間のアイドリング終了後から、13回分の測定値を平均した物(言い回しは違いますが、測り方は同じ)です。
測定値内訳
0.064
0.061
0.064
0.066
0.060
0.057
0.062
0.066
0.064
0.064
0.070
0.072
0.071
簡易測定器(文部科学省の教材はかるくん)による大地から受ける自然放射線の全国平均(原発事故以前1990~1998年迄の日本国内)は0.04μSv/h辺りだったのだそうですが、コレのおおよそ【1.62倍】位になるのでしょうか…?
前回の測定時(2012年4月)に比べると、約18%放射線量が低下しています。
原発事故から6年以上が経ち、Cs-134(半減期が約2年1ヶ月とされるセシウム)は2度目の半減期を過ぎて3度目を迎える手前辺りです。
前回はI-131(半減期が約8日のヨウ素)がモニタリングポストの核種分析から消えた後で、Cs-134が1度目の半減期を迎える前でした。 (5月23日14時)

lenny: 再度の調査ありがとうございました。 世の中の関心も薄まってきてますが、やはり継続して検査は必要ですね、 (5月28日12時)

tokumei: 粗末な測定で恐縮です。
測り比べないと判らない事も有りますので、再度レポートさせていただきました。 (5月28日12時)

0.079μSv/h 2012年4月22日12時 tokumei クリアパルス A2700
屋外(アスファルト) 地表 1m

tokumei: 天候:曇りのち雨(測定時小雨)
リクエストマーカー付近の道路(アスファルトが新しくなっている所)で測りました。
マーカーの上を通る道路の寿司屋や着物屋より手前辺りなので、場所は少しズレてしまっているかも知れませんが‥。
計測値は180秒間測定した平均です。
測定最中の最小値と最大値は0.074~0.085
測定値内訳
0.081
0.081
0.082
0.082
0.080
0.074
0.079
0.085
0.080
0.077
0.076
0.078
0.077
※画像は測定終了後に撮影したもので、測定器の特性(10秒毎に過去60秒間の平均を表示)上、数値が計測値とは異なります。
間違えてマーカーと反対側の細い路地も測ったので、そちらの数値も記載しておきます。
アスファルト上地表高さ1mで0.075μSv/hでした。
神田錦町のリクエストスポットより少し低かったです。 (4月22日12時)

lenny: 神田錦町に続きどうもありがとうございました。やはり千代田区の方が高いんですかね。人形町は思いのほか低くて安心(引越先候補)。それより思い切って都内西側の方が良いんでしょうかね。 (4月23日0時)

tokumei: 千代田区でも0.1μSv/h以下の場所は在りますし、中央区でも0.1μSv/hを超える場所が在ると思います。
地表5㎝付近で高い線量を出す場所が少ない方が、住むには良いかも知れませんね。
随分と後になってから、実は1μSv/hでも危険でした‥みたいな話になっても困りますし。

 (4月23日18時)

lenny: 人形町界隈が好きだけど、京王線沿線も考え中です。でもピンポイントで高ければ泣きますね。。twitterフォローさせてもらいました。 (4月24日0時)

tokumei: 好きな環境(景色や雰囲気も含め)だけではなく、放射能の事まで考えなきゃならないなんて、とんでもない世の中になってしまいましたよね。
私の住んでいる所も結構高めで、地表付近では局所的とは言え、0.6μSv/h超えの場所もチラホラ…。(-.-;)
フォローありがとうございます。m(_ _)m (4月25日21時)

この計測地点へのコメント

最新計測値

0.065μSv/h

計測日:2017年5月23日14時

計測機器:クリアパルス A2700

計測場所:屋外(アスファルト) 地表 1m

天候:晴れ
測定場所は前回とほぼ同じ位置です。
計測値は60秒間のアイドリング終了後から、13回分の測定値を平均した物(言い回しは違いますが、測り方は同じ)です。
測定値内訳
0.064
0.061
0.064
0.066
0.060
0.057
0.062
0.066
0.064
0.064
0.070
0.072
0.071
簡易測定器(文部科学省の教材はかるくん)による大地から受ける自然放射線の全国平均(原発事故以前1990~1998年迄の日本国内)は0.04μSv/h辺りだったのだそうですが、コレのおおよそ【1.62倍】位になるのでしょうか…?
前回の測定時(2012年4月)に比べると、約18%放射線量が低下しています。
原発事故から6年以上が経ち、Cs-134(半減期が約2年1ヶ月とされるセシウム)は2度目の半減期を過ぎて3度目を迎える手前辺りです。
前回はI-131(半減期が約8日のヨウ素)がモニタリングポストの核種分析から消えた後で、Cs-134が1度目の半減期を迎える前でした。

by tokumei


lenny:
再度の調査ありがとうございました。 世の中の関心も薄まってきてますが、やはり継続して検査は必要ですね、

過去の計測履歴を見る

※この値は簡易放射線測定器による計測値です。
公的機関による測定値ではありません。

近隣計測スポット

東京都中央区日本橋人形町2丁目(36m)

0.065μSv/h(2017年5月23日14時)

東京都中央区日本橋人形町2丁目(108m)

0.066μSv/h(2016年2月27日17時)

東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目(149m)

0.23μSv/h(2011年9月22日9時)

東京都中央区日本橋人形町2丁目(154m)

0.12μSv/h(2012年1月24日9時)

東京都中央区日本橋人形町2丁目(168m)

0.13μSv/h(2012年1月25日13時)

※この値は簡易放射線測定器による計測値です。
公的機関による測定値ではありません。

ページトップ